りんご7976を長持ちさせるための正しい保存方法とは

購入してきたりんごを長期間保存したい場合、一体どのような方法で保存すると良いのでしょうか。 まずは、りんごの保存に適している温度は0度から5度とされています。ですので、普通の家庭にある冷蔵庫の中で冷やしながら保存すると良いのです。温度が一定に保たれていますので、長期的に保存することも可能になります。 次に、湿度を高く保つことも重要になってきます。乾燥していては長く保存することが出来ないのです。しかし、冷蔵庫の中というのは乾燥している状態ですので、高湿度を保つための工夫を施す必要があります。まずはビニール袋に入れて完全に口を閉じます。少しでも開いていると段々と腐って行ってしまいますので、必ずきちんと口を閉じるようにしましょう。続いて、新聞紙でりんごが入ったビニール袋を包みます。そのままビニール袋の口を下にして、野菜室にそっと仕舞いましょう。 以上のような保存方法を守ることにより、大体2週間から1か月程度の間、りんごをキレイな状態で保存することが出来るのです。箱で大量に購入してしまった場合などに有用でしょう。 最後に、りんごから出るエチレンガスというのは、他の果物の熟成を早める働きがありますので、他の果物とは離して保存しましょう。

りんご7976に含まれる栄養成分と体にもたらす健康効果

スーパーでは一年を通して販売され、どんな季節でも食べる事ができるりんごは、私たちにとってとても身近な食品です。りんごにはカリウムや食物繊維のペクチンが多く含まれています。カリウムは必須ミネラルですので積極的に取りたい成分であり、塩分の排出を促します。またペクチンは粘膜保護作用があり、風邪を引いた時に食べるとリンゴ酸の消炎効果と合わせて、治りが早くなる事が期待できます。控えめな味で料理にも利用しやすいため、積極的に取りたい食品ですね。