冷蔵庫でのりんご7976の保存方法についてお教えします

りんごを保存するうえでまず大切なことは、温度変化があるところと乾燥に弱いということです。長い期間保存しておきたいときは、低温(0~5度)で湿度(80%以上)が高い場所に保存するとよいです。りんごの保存期間は、だいたい2週間~1ヶ月程度が目安です。冬場なら、暖房のきいていない涼しい場所で、夏場なら、冷蔵庫の野菜室にポリ袋に入れて保存した場合の期間です。そこで、りんごを冷蔵庫する際に重要になってくることがあります。まずは、りんごを1個1個、空気が入らないように、ぴったりとラップで包みます。次に、包んだりんごをビニール袋に数個入れます。そこでも、ビニール袋から出来るだけ空気を抜き、空気が入らないように袋の口を縛ります。最後に、その袋を冷蔵庫にしまいます。この時に、新聞紙を入れておくと炭酸ガスを吸う役目と湿気を吸う役目があるので、入れておくと良いです。りんごを保存するときに、りんごとまだ熟していない果物を同じ袋に入れておくと、一緒に入れた果物は早く熟します。しかし、反対にすでに熟しているトマトなどと一緒に冷蔵庫で保存してしまうと、熟しすぎてしまい冷蔵庫の中が大変なことになってしまうので気をつけてください。

皮も芯も無駄にしない!りんご7976は全部食べましょう!

りんごは甘酸っぱく弾力がある果肉が特徴の果物で、現在では世界各地の産地から輸入することで一年中食べることが出来ます。りんごはビタミン類が豊富なので手軽に栄養補給が出来る優良食品ですが、その一方で栄養の多くは食べずに捨ててしまう皮や芯に含まれているので、普通に食べるとせっかくの栄養が無駄になってしまいます。りんごの栄養を効率的に摂取するためには細かくすりおろして皮や芯もまとめて食べるのが最も効果的です。皮の渋みはシロップなどの甘味料を加えることで緩和出来ます。加熱調理は消化しやすくなる利点がある反面、栄養が壊れてしまうので注意が必要です。