りんご7976は冷蔵庫で長期保存が可能になる!その方法は?

りんごをたくさんもらってしまって家で食べきるのが難しい、という時、自宅で長期間保存するときには冷蔵庫を利用しましょう。涼しい場所に段ボールなどに入れて保存しておくと1か月ほどはおいしく食べられるといわれていますが、冷蔵庫で保存をすると、数か月間おいしく保存することができる方法があります。 その方法は、りんごと1つずつラップできっちりと巻いてしまいます。その後、ナイロン袋にラップで巻いたりんごを詰め、空気を抜きます。そのまま縛って空気が入らないように袋の口をねじって結ぶか、ねじってから輪ゴムで止めてそのまま冷蔵庫に保存します。冷蔵庫で保存している間もたまに袋を開けて様子を見て、りんごに水滴がついているようなら綺麗に拭いておきます。この方法で2か月以上は保存が可能になり、実際にこの方法で保存を行った人の中には、傷がついていたりんごでも6か月保存できたというものがありました。 注意点としては、全てのりんごが長期保存が可能になるわけではありません。蜜いりのものや紅玉、ジョナゴールド、つがるなどは長期保存には向いておらず、この方法でも1~2か月が限度になるようです。長期保存ができるとはいえ、なるべく早めに食べた方がよさそうです。

美味しいりんご7976には裏がある?アレルギー症状の特徴と予防の心得

りんごは特有の甘酸っぱい風味と歯ごたえのある果肉が特徴の果物です。ビタミン類が豊富なので健康食品として扱われる側面がある一方で個人の体質によっては喉の炎症や口の周りのかゆみといった不具合に見舞われることがあります。りんごは花粉症を患っている人が食べるとアレルギー症状が出ることがあるため、現在では食物アレルゲン検査の対象物として扱われています。加工食品を食べる際は必ず原材料を確認するのがアレルギー症状を未然に防ぐための心得です。